日の当たるところへ

小説家を目指して。

退職日まで勉学に励む

意気揚揚挑我敗(意気揚揚と挑み我敗れたり)

人世荒波如難解(人世は荒波の如く解き難し)

今日唯読書思物(今日唯書を読み物を思い)

悔恥過日勉学励(過日を悔やみ恥じて勉学に励む)

 

高校時代、古典の授業で読む漢詩が好きでした。

魏の文帝を改めて調べていたら、ふと書きたくなったので

それっぽく書いてみたのですが、やっぱり難しいですね。

返り字の法則(レ点等)は、読み方としては習っていても

書き方としては、大人になってから初めて知ったようなものです。

 

実は、タイトルの退職日までというのは

職場で庶務という仕事さえ無い(本当の意味で仕事が無い)ので

手持ち無沙汰なら退職日までいろいろ勉強しようよ、と。

 

きっとその姿は、浮いているかもしれませんが

少なくとも、私にとっては充実しています。

…って考えないとやってられないのよ!という話でもありますが。

 

たまに見かける、ふてぶてしい猫のような振る舞いを心がけた方が

今の私にはいいのかもしれませんね。