日の当たるところへ

小説家を目指して。

浮かんでこない

正確に言えば浮かんではいるのですが、文字にして書くことが難しい。 書き連ねても書き連ねても、煩悩となって私を眠れなくするのです。 夜更けに悶々と考え込む一日が続いています。 若干、風邪をひいたようになっているので 三連休中でしっかり体を休めて…

鉄道小説大賞のサイトに載りました

ひきこもってました何気なく覗いてみたら載ってましたマジで気づかなかった…https://www.tetsudoshosetsutaisho.com/「商店街にて」日野麻美/拙作ですが、お暇なときにでも見てやってください

鉄道小説に応募しました。

鉄道小説に応募してみました。 書きたいものを書きたい。 書くというのは私にとって、存在意義にも近いのです。

ひきこもり

応募する市内に関わらず、詩や小説を書いていました。 登場人物の設定を考えたり。 プロットとか知らないのですが、これがそういうことなのかな? 聞いたこと無いなぁと思いつつ、実は知らぬうちにやっているだけかもしれない。 私は人の声に惑わされやすい…

伊東静雄賞

昨日、伊東静雄賞に応募しました。詩は小説よりもハードルが高いなあと思いつつ。

謝りたい人がいる

謝りたい人がいるでも、自分が罪悪感から逃れたいだけだとも分かっていた知らぬ間に誰かを傷つけていた私次は勝手にいなくならないようにしよう

小説:ブーメラン

白沢多恵は、表情を変えずにブラウザの画面を閉じた。作業もそのままに、ノートパソコンを畳んで布団に寝転がる。 くだらない。何が泣けるのか、何が良い話なのか…胸中の靄を払拭出来ないまま、木目調の天井を眺める。多恵の視界に映るのは、年季の入った汚…

退職日を迎えるまでもなく

先方から話があった。 昼休み直前、外出中の上長から電話越しで 「もうそういう空気だから、欠勤扱いになるけど今日まででいいよ」と。 何かが切れて「とりあえず考えておきます」とだけ言って受話器を置いた。 その場で、じゃあもう行きませんって言わなか…

退職日まで勉学に励む

意気揚揚挑我敗(意気揚揚と挑み我敗れたり) 人世荒波如難解(人世は荒波の如く解き難し) 今日唯読書思物(今日唯書を読み物を思い) 悔恥過日勉学励(過日を悔やみ恥じて勉学に励む) 高校時代、古典の授業で読む漢詩が好きでした。 魏の文帝を改めて調べていた…

定時で帰れるからって労働基準法に違反してないわけじゃなかった

タイトル通り、です。 退職するので書類整理をしていたところ、ふとある手続きについて気付いたので 父に聞いてみたところ「本当は違法だ」ということをやっていた模様。 こんなご時世なのでそういう中小企業は少なくないらしいけれども まさか自分がそうい…

時間が欲しい

当面、書く内容は一行か二行になりそうです。 ゆっくり眠る時間と、ゆっくり小説を書く時間と、ゆっくり自分と向き合える時間が欲しいです。

退職届

退職届を書いていました。 解放感と、罪悪感と、教訓を胸に刻みながら。

少女

滝のように降り注ぐ雨の中、少女は立ち尽くしていた。手に持つ傘を開くことも、雨宿りの場所を探すこともしなかった。 ふと、少女の頭上を何かが覆った。気付いた少女が見上げると、男性用の黒い大きな傘が目に入る。いつの間にか、隣に誰かが来ていたようだ…

道を塗り潰しているのは自分

でも自分を責めることはない。 あなたはそうせざるを得なかったのだから。

小説に書き方なんかない

…と信じてやまない私がいます。 もちろん日本語の小説を書きたかったら、日本語や日本の文章構成を勉強しなきゃいけない。 でもそれって義務教育の内に覚えてしまうから、後は自分次第だと思う。 昔、捨てたと言っていた小説を掘り起こしていました。 自分の…

「死ぬくらいなら会社辞めれば」って、人間関係で悩む人にも言ってほしい

人間関係と転職に挟まれて悩んでいた私には、こんな本がネットで話題になっていたなんて知る由もありませんでした。 「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ) 作者: 汐街コナ,ゆうきゆう 出版社/メーカー: あさ出版 発売日: 2017/04/10 メディア…

サグーワークスをやってみた 2回目

サグーワークスをもう一回やってみました。正確に言えば二回やってみました。 転職サイトの口コミや、地域の口コミと言う簡単なものでしたが。 夢を追うことについて、少し視点を変えてみることにしました。 ただ諦めたくはないので足掻き続けます。 ちっぽ…

ランサーズをやってみた 1回目

虎穴に入らずんば虎子を得ず。 ということで、今度はランサーズをやってみました。 現在も執筆中ですが、ブログを継続していたいので 少し中抜けしております。 やり方としては、サグーワークスよりランサーズの方が合っていそうだなと思いました。ゆっくり…

筆を置いた私へ

筆を置いた私へ まずは、お帰りなさい。帰ってきましたね、この白いメモ帳の前に。いつでしたっけ、もう二度とこのメモ帳を見ないと誓ったのは。 小説など書かなくたって生きていける。ただの趣味だ、つらいならもう、書くのはやめよう…そう言って書いた小説…

サグーワークスをやってみた 1回目

素人ながら、小説を書き続けて十五年。夢からずっと逃げてきた自分に鞭打って、今度はライターの第一歩を踏むことにしました。 まずは知る人ぞ知る「サグーワークス」という、ライター専門のクラウドソーシング。 works.sagooo.com 運営元は「株式会社ウィル…

第13回深大寺短篇恋愛小説

公募があったので、応募してみました。募集要項を拝見する限りでは、ハードルが高そうですが受からないものと思って受けてみます。どうせ無理だとやらずに逃げ続けるより、何でもいいからやることが大事だと今はそう言い聞かせて進んでいます。通過への期待…

足掻いてみます

小説家になりたいと願った、あの日の思いが消えなかったので 無謀と分かっていても、挑戦することにしてみました。 日野麻美と申します。 勿論、本名ではありません。 まだ一歩、踏み出す手前ですが この名前で幾つか賞に挑戦してみたいと思います。 もし、…